オーディション用の写真を撮ろう|自分の魅力を引き出そう

Menu

印象に残る一枚

撮影

綺麗な撮り方を模索する

多くの人目にさらされる職業に就きたい人はオーディションに写真を添付して応募することになります。いかに内面で勝負したいと思ってもモデルやタレントは外見が重要なフェーズですから、写真は写りが良いものを選びましょう。特にオーディションには多くの応募者がいますから、他に見劣りしないように注意が必要です。オーディション写真は自分で撮影するかスタジオに撮ってもらうことができます。自宅で撮影する際は自分の印象が沈まない背景を探しましょう。白や灰色一色の前で撮れば人物の印象が際立ちます。自宅で写真を撮影する際に特に注意したいのがライティングです。日中の方が自然光が強いですし、室内が明るい時間帯を狙って撮影しましょう。できるだけ光を自分に集めたい時は鏡を使ってレフ版のように自分を照らします。また服装も黒やグレーのように印象が沈んでしまう色より、白やクリーム色を選択します。髪の色に決まりはありませんが、まだらになっている場合は染め直しましょう。またオーディション写真は素のままの自分を写した方が好感を持たれますが、無表情は避けたいところです。自然な笑顔は人の印象に残りますので、心がけましょう。オーディション写真を専門的に撮影できるスタジオであれば表情をレクチャーしてくれますので安心です。スタジオを絞り込む際は実際に撮影した写真をチェックした上で選びましょう。スタジオごとに画質や指導してもらえるポージングが異なりますから、写真の質が変わります。

Copyright© 2017 オーディション用の写真を撮ろう|自分の魅力を引き出そう All Rights Reserved.